言語

スポンサーリンク
言語

理系のための英語 ノンバーバルコミュニケーション

ノンバーバルコミュニケーションは、言語以外でのコミュニケーションを重視します。表情・視線・ジェスチャー声のトーン・話すスピード・仕草・容姿・などのような非言語情報で相手に伝えたり、相手から非言語情報を読み取るのがノンバーバルコミュニケーションの基本です。
言語

理系のための英語 英会話で悩む前に マインドセット

日本の教育システムは先生が、教えてくれたことをそのまま、理解して、覚えるというパターン化しています。英語を話せるようになるためには、「勉強」ではなくて、英語を「話す練習」が必要。目標を明確化することで、現状とのギャップを埋めるための学習をしていくことができます。
言語

理系のための英語力 音読重視 【基礎編】

音読はとても効果が高い学習法です。ただその効果を感じるには、適切なやり方を守ることが不可欠。リピーティングや音読など「英語を聞いて声に出す」音読について初心者の方にも分かりやすく解説します!
言語

理系のための英語力 良いスピーチを真似よう

あなたは、英語が上手くなりたいですか?もしそうならば、英語のスピーチを学びましょう。英語スピーチには、たくさんの要素が詰まっています。とは言っても、いきなりは難しいので、まずは、お手本を見て勉強しましょう。
言語

理系のための英語力 今からでも遅くない 発音の基礎 音声変化とは

日本人にとって永遠のコンプレックスの一つともいえるのがリスニングスキル。この本では、日本人英語学習者の多くが「音声変化」を知らないことが課題。「音声変化」とは一体何なのか、それをマスターするための効果的なトレーニング方法が紹介。
言語

理系のための英語力 学習はどうするの?

自称ネイティブともスラスラに英会話ができ、海外旅行もどこでも一人で行けますが、一言に英語といっても、範囲が広いので、目的に応じた、学習方法があります。TOEICスコアと英会話の能力は、完全には比例関係ではありませんが、世の中のニーズとして800点以上求められるので、そこまでは、下記の勉強法で十分だと思います。
言語

英語学習 モチベーションの維持が課題

英語学習 English learning motivation モチベーション
スポンサーリンク