タイ輸入で副業を考えてみた

ネット通販

今回はそのタイ輸入ビジネスにフォーカスしてみました。

最近YouTubeでもタイ輸入ビジネスを紹介していますね。

タイ輸入ビジネスについて全体像かを整理してみたいと思います。

これさえ守ればタイ輸入は簡単!必要なのは事前のリサーチと・・・ 政宗(マサムネ)

定番の商材は何か

タイ輸入ビジネスの定番商品を見てみると

クロコダイル
牛革
パイソン
スティングレイ
シルバー
アジアン雑貨、アパレル用品
造花
古着
雑貨

などなどいろいろありますね。
要は「ハンドメイド」の製品がよく売られていると思います。

どこにいくか?

一般的な卸市場は、バンコク市内にあります。

 

 

タイ国
バンコク

バンコクに大きいところで5箇所にマーケットが存在しており、アパレル・革商品・シルバー商品・アクセサリー・宝飾品・民芸品・エスニック雑貨・アートなどなど、大変品質がよく、デザインが鮮麗されている特徴があるようです。

また、不良品率はかなり低く(2%以内)、生産の多くは小規模工場などで作業者が丁寧な仕事で評判が良い。

 

特徴

【タイ(バンコク)市場】
■ 卸売り市場で買えるもの
アパレル、革製品、バッグ、アクセサリー、ドレス、雑貨
■ 日本人の参入者は少ない■ 日本に出回っていない商品が多く存在

■ 商品品質が良い

■ デザインセンスが良い

■ 転売向きで誰でも結果を出しやすい

日本での転売事例

スティングレイやクロコダイルなどが多いですね。

大体仕入れ値段の2〜3倍くらいの価格で売れていますね!

タイ輸入ビジネスの大きな特徴は 現地仕入れが基本なようです!

これがどうも新規参入障壁となっているようです。そのため、まだタイ輸入ビジネスをする人が少ない理由ですね。

輸入品の販路は?

タイ輸入品の販路ですが、メルカリ、ヤフオク、アマゾンですね。

アマゾンではどうも参入者がかなり少ないので、リサーチ対象があまりないようです。

つまり、参入すべき市場が空いているということなので、チャンスかも!!

タイ輸入で成功する人、失敗する人

物価も違いますから、日本より安いのは当たり前ですね。

日本人が欲しがるものを購入できているかですね。

やっぱり、日本の市場をリサーチしないといけないですね。

 

リサーチ例:メルカリ

タイ、革で検索するだけでも、結構出て来ます。さらに、金額もそれなりに高いですね。こういったキーワード検索は、アフィリエイトでキーワードを絞って、何が売れているかという点と共通しますね。

 

リサーチ例:アマゾン編

タイ独自の商品で、「サルエルパンツ」「タイ雑貨」というキーワードで検索すると、このように民族衣装というまでもいきませんが、アジア風の服が検索結果として出て来ました。このような服だと、あまり抵抗感なく、日本でも着ることができますね。

リサーチ例:ヤフオク編

パイソン(ヘビ)で検索すると、ブレスレットや指輪が出て来ました。男物でも、結構お高いですね。

転売だけではない

タイ輸入の商品は、市場で購入するだけでなさそうです。

オーダーができるそうです。お店や工場でやってもらう必要がありますが、小ロットで対応してくれるみたいです。

例えば、中国有名な杭州では、最小ロットとして、100~1000個を求めるられるケースは多いのが現状。

それに比べて、タイでは5個ぐらいから引き受けてくれる工場もあるみたいですが、やはりルートがないと、いっていきなり対応してくれるかは、無理なので、日本人を相手にしてくれるディーラーを見つけないといけないようです。

何れにしても、商品を独自工場にて直仕入れし、いかに仕入れ値を落とすのかが非常に重要になりますが、差別化するためには、取り組むべきだという意見もありますね。

まとめ

やはり、ここは早くコロナが収束し、タイに行かなければ始まらないような気がします。

タイへ行き、マーケットで仕入れることができる商品や、納期がどうなのか調べにいきたいですね。

今回もご覧いただきありがとうございました。

コメント