ミドル&シニア世代 歳を取っても楽しめる サイクリング

健康

皆さんは、趣味は?と聞かれると なんとお答えになるでしょうか?

私は、特にロードバイクを楽しんでいます。この記事では、趣味でサイクリングをはじめることがおすすめな理由を紹介します。

特にアフターコロナの時代において、サイクリングを趣味にするということが今後増えてくると思います。このサイクリングの良さを知りたい方のために、まとめてみました。

シニアの運動解消

年齢が上がるに従って、運動不足になり、何か運動をしなければいけないと思いつつ、フィットネスクラブに通っている方も多いのではないかと思います。

事実、経産省がまとめた産業活動分析(*)によると、全国のフィットネスクラブの会員数の年齢構成比は60歳以上が30.3%で最も高い。世帯あたりのクラブ使用料(売り上げ)に占める割合を世帯主の年齢階級別で見ても、1位が60代の36.5%で2位が70代以上の21.0%と、両者で6割近くを占める。過去10年以上フィットネスクラブに通っていましたが、土、日曜日のお昼の時間帯はシニア世代がほとんどです。それだけ、運動に関心をもって、実施している方が多いという事実です。

なぜロードバイクがよいか

様々なジャンルの運動があり、選択肢としては山のようにあります。そのなかで、自転車、特にロードバイクを趣味として選択している人は少ないのでは?

少し幅を広めて、自転車というジャンルで考えると、日本は自転車大国であるということをご存知ですか? 平成26年度の国土交通省の政策レビュー結果によると、代表交通手段分担率をみると自転車の分担率は13%であり、自転車先進国 の欧州のオランダ、デンマークに次いで第3位となっています。それだけ、自転車は身近な交通手段でもあります。

趣味の幅を広げてくれるサイクリングのメリットを紹介します。

健康になる効果がすばらしい

サイクリングは自転車さえあれば始められる趣味です。

自転車を漕ぐだけでもしっかりとした運動になるので、お手軽なスポーツといえます。長時間でも、走行中は体温が上がりづらいため疲れを感じにくいのも特徴です。

糖尿病や動脈硬化の予防に

血糖値が高いと糖尿病にかかりやすくなります。健康な人の場合、すい臓からインシュリンというホルモン が分泌され、血糖値を正常な状態に戻してくれます。し かし、何らかの原因でインシュリンがうまく分泌されな い場合、血糖値は高いまま下がらず、糖尿病の原因とな ります。

サイクリングによってインシュリンが正しく働き、糖尿病の予防になることがわかっています。

日常的に自転車に乗ることで、LDL コレステロールと呼ばれる善玉コレステロールが増加して血液の流れが良くなり、動脈硬化・心筋梗塞などの生活習慣病の予防になります。

体の免疫力 UP で強い体に

コロナの影響で免疫力アップという言葉に、敏感になっていると思います。普段から自転車に乗るこ とで、体内のリンパ球が増加して免疫力を高め、病気に強い健康的な体を作ることができます。

抗酸化作用を高めていつまでも健康な体に

活性酸素という言葉はあまり聞きなれませんが、老化の原因の一つとして考えられています。体内では酸素がある一部の分子と結びつき、活性酸素という物質に変わります。若い時には活性酸素性酸素の働きを阻止する抗酸化作用というものがありますが、40 代を過ぎた頃からその力は衰えていきます。

日常的に自転車に乗っている人は、一般の人に比べて 高い抗酸化能力を持っていることが研究でわかっています。

故障を招かないトレーニングに

ランニングに比べ、サイクリングは膝などにほとんど負担が掛かりませんので、スポーツトレーニングにも有益です。

有酸素運動で心肺機能を高めよう

有酸素運動をすると大量の空気が肺へ送られ、心臓のポンプ作用により全身の隅々まで血液 が送られます。このような運動を続けていくと心肺機能が上がり、運動をする前と比べて呼吸の乱れがなくなったり、長い時間運動することができるようになります。

全身運動

サイクリング=下半身だけの運動と思われがちですが、下半身以外の筋肉も結構使います。バランスをとるために腕や上半身に負荷がかかるので、長時間走った後などは上半身にも疲労が感じられます。

こういった理由から、ご高齢の方の運動やダイエットを目的に、健康的な趣味として楽しむ人が増えています。趣味として楽しみながら、健康にもなれるのは最高ですよね。

ストレス解消

ストレス社会と言われる 現代で、仕事や人間関係など悩みも様々です。気分を一新するにも、体を疲れさせて、心を一旦他のことに注意を向けることも大切です。その切り替わった状態で、周りの景色を見ながら風を切って走るのは実に気持ちがいいものです。また、景色を楽しみながらの行うサイクリングは、飽きることがなく集中して漕ぎ続けることができます。

サイクリングをすると精神的健康度が良好な状態になり、特に抑うつ症状に効果があると最近の研究でわかっています。

いろいろなサイクリングの楽しみ方

実際に趣味でサイクリングを初めてみたら、どんな楽しみ方があるのでしょうか。

自分で時間をうまく活用できる

テニスや野球などのスポーツをやろうと思えば、チームメンバーの調整やコートの手配の手間なども、時間的にも制約されてしまいます。しかし、サイクリングなら一人でも思い立ったときに走りにいくことが可能です。出かけたいときに出かけて、満喫できます。これもサイクリングのメリットです。

ツーリングで小旅行を楽しむ

ツーリングという言葉はよく聞く言葉です。ツーリングとは、自転車で長距離走ることを意味しています。

まさに、サイクリング本来の醍醐味を味わえる代表的な楽しみ方で、日帰りの旅行はもちろん、ホテルや旅館などをに宿泊して自転車旅行を楽しむこともできます。

ポタリングでぶらりとお散歩を楽しむ

ポタリングとは、自転車に乗って近所などを回る自転車の乗り方を意味します。

要は、自転車でのお散歩です。気ままにゆっくりとサイクリングを楽しみたい方に最適な楽しみ方です。

川原などへ出向けばサイクリングコースが設置されているところも意外と多く、気軽に自転車を運転することができます。

また、知らなかった裏道や、美味しいお店など、新たな発見があるのもポタリングの魅力です。

まとめ

サイクリングを趣味にすることのメリットは、上に挙げた例以外にも様々あります。

サイクリングアプリを使えば、走行距離や消費カロリーを測ることができるので、ダイエットの大きな味方になってくれます。

また、ただサイクリングを楽しむだけでなく、カメラを持って出かければ行く先々で写真を撮ることができます。評判のお店をたずねたり、それらをSNSにアップしてみたりと、他の趣味との相性が良いので色々と楽しむことができます。カメラ、釣り、ドライブ、旅行、グルメなど、いつも楽しんでいる趣味をよりいっそう面白くしてくれるのもサイクリングのメリットです。

* 「産業活動分析 平成26年10~12月期(年間回顧):シニア層の健康志向の高まり、そして地域別人口に影響されているフィットネスクラブ ~初めての経済センサス-活動調査結果も踏まえて~」リンク

コメント