ANA SFCの家族カード 飛行機乗らずに上級会員

カード

1回たりとも飛行機に乗らずにANAのSFCを取得する方法がたった一つだけあります。

ANAスーパーフライヤーズ会員に家族カードを発行してもらうという方法です。

ANA SFCの最速取得方法である家族カードは威力絶大ですが、注意点も存在しています。メリット・デメリットについてまとめてみました。

家族カードで搭乗0でANA上級会員になれる

ANAスーパープライヤーズカードの大きなメリットの一つは、家族カード会員もSFC会員になれます。副次的な利点として、家族カードでもかなりの部分で本会員と同一の特典を享受できます。

年会費も本会員と比較すると安いので、配偶者・親・子供がいて飛行機に搭乗する機会がある場合は大いなるメリットがあります。

SFCの本会員・家族会員の基本年会費は下表のとおりです。

カードの種類 税抜年会費(カッコ内は家族会員)
SFC一般カード SFCゴールド SFCプレミアム
ANA Visaカード 10,250円
(5,100円)
15,000円
(7,500円)
80,000円
(4,000円)
ANA Mastercard 10,250円
(5,100円)
15,000円
(7,500円)
ANA JCBカード 10,250円
(5,100円)
15,000円
(7,500円)
70,000円
(4,000円)
ANA アメックス 31,000円
(15,500円)
150,000円
(4名無料)
ANA ダイナースカード 28,000円
(10,500円)
155,000円
(無料)

SFCの家族カードもANAの上級会員資格を得られて、スターアライアンス ゴールドとほぼ同一の特典を享受することが可能です。

驚異的なフライトゼロでの永久上級会員取得は素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

今後、制度変更がない限りは半永久的にANAプレミアムメンバーのプラチナ会員とほぼ同様の特典を受けられます。

マイレージ:ゼロ プレミアムポイント:ゼロ つまり飛行機に乗っていないのにSFCホルダーになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上級会員資格を獲得・維持でき、安全管理が卓越した世界有数のエアラインであるANAにお得に搭乗できます。

特典航空券の枠の優遇、ANAラウンジ、優先チェックイン、優先保安検査場、手荷物取り扱いの優遇、優先搭乗、専用デスクなどを享受できます。

しかもANAだけでなく、世界最大航空連合のスターアライアンスGOLDの資格も獲得できます。

したがって、ユナイテッド航空・タイ国際航空・シンガポール航空・ルフトハンザドイツ航空などでも、ラウンジ利用・優先保安検査場・優先チェックインカウンター利用などの特典が受けられます。

両親・兄弟姉妹・親戚でも家族カードを発行可能

 

 

 

 

 

 

一般的にはクレジットカードの家族カードを発行するのは、配偶者、子供というケースが多いでしょう。

しかし、中には親、兄弟姉妹、内縁・事実婚のパートナー等に家族カードを発行したいという方もいらっしゃるでしょう。特に既婚の姉妹など名字が違う場合は果たしてOKか大いに気になりますね。

SFCの場合、家族カード会員もANA・スターアライアンスの上級会員になれるので、その威力は絶大です。

この点、クレジットカードの発行会社によって家族カードを申し込める範囲が異なっています。

共通のルールとして、本会員と生計を同一にする配偶者・両親・高校生を除く18歳以上の子供は、家族カードを発行できます。親・子供は生計が同一なら別居でもOKが原則です。

また、ANAアメックスゴールド、ANAアメックスプレミアムの場合、兄弟姉妹、内縁・事実婚のパートナーでも家族カードを発行できるそうです。名字が異なっていても問題なし。

現状では家族会員の身分証明書は不要であり、原則として生計が同一と証明できる書類(健康保険や世帯が同一の証明書)などの郵送も不要。

ただし、家族カードの利用分は本会員が支払う必要があります。

本会員はカード決済を許可していないという理由で家族会員の利用金額の支払いを拒否することはできません。

家族カードは本会員、ラウンジカードは家族会員の住所に届く

別居の家族分のSFC家族カードを申し込んだ場合、クレジットカード本体は本会員の住所に届きます。

スターアライアンスの空港ラウンジで提示するANAスーパーフライヤーズ ラウンジカードは、直接、家族会員の元に届きます。

家族カードのラウンジカードはプラチナステータスではなく、スーパーフライヤーズカードとなります。

 

 

 

 

 

 

 

ステータスが切り替わったらす、ANAスーパーフライヤーズ ラウンジカードが送られてきて、以降は毎年自動的に郵送されます。

なお、カードが届く前にANA会員画面、スマホのアプリでステータスの切り替えを確認できます。

SFCが手元にない状態でも、ANAはもちろんスターアライアンスの飛行機に搭乗したら、スターアライアンスのゴールド会員としての特典を享受できます。

デメリット

 

 

 

 

 

 

SFC 家族カードのデメリットは本会員の動向に左右される点です。あくまで付随カードなので、本会員カードが使えなくなった場合は、家族カードも利用不可能になります。

主なデメリット

  • 本会員カードが無効になった場合、家族カードも自動退会
  • 家族カードの解約は本会員の意思で可能

本会員がカード利用停止・退会などになった場合、家族カードも利用不可能になります。

また、本会員の意思で一方的に家族カードを解約することが可能です。

SFCの最速取得方法:家族会員のまとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

ANAアメックスゴールドの場合、家族会員の範囲が広いので、親が非会員でも兄弟姉妹にSFC会員がいる場合は、相談しても?

 

 

 

 

 

 

今後は航空業界も、コロナの影響で不況の時代のため、スーパーフライヤーズの制度が見直される可能性は十分にあります。

家族会員が受けらないSFC特典まとめ

❶アップグレードポイント

❷座席クラスのアップグレード

❸アップグレードポイントからANA SKYコインへ交換(2020年3月31日まで)

❹SFC会員 オリジナルネームタグ

❺ライフスタイルマガジン

❻会員限定手帳・カレンダーのプレゼント(2020年分はすでに受付終了)

❼カード継続時のボーナスマイル

家族会員利用不可の特典は上記の7点。

❶〜❸は家族会員には❶のアップグレードポイントが付与されないため、❷座席クラスのアップグレード、❸ANA SKYコインに交換できないということになります。

ただ、ANAウェブサイトには座席クラスのアップグレード利用条件について、書かれていました。

プレミアムメンバーご本人様、特典利用者登録済みのお客様がご利用いただけます。引用元:座席クラスのアップグレード

ということは、家族会員もOK!?

❹〜❻はよほどコアなANAファンでなければ、頼みませんよね。

いちばん痛いのが最後の「❼カード継続時のボーナスマイル」ですが、ほぼタダでこれだけの特典を利用できるのですから、仕方ないですね。

もし、すでにSFCに入会済み、これからSFCに申し込みをするご家族がいらっしゃるなら、ぜひぜひSFC家族会員をおすすめします!
申し込み方法は、スーパーフライヤーズカード説明ページの下の方にある「家族会員の追加をご希望のお客様」に書かれているので、どうぞチェックしてみてください。

 

コメント