iPad用キーボード タッチパッドが使える iClever IC-BK08

便利グッヅ

パソコンで作業できるようなことが、iPadでも遜色なくできるようになってきました。ノートパソコンと同じような感覚で長文を打つときに役立つ「iPadキーボード」

「自分のiPadに合ったキーボードってどれ?」
「やっぱり、Apple純正のものがいい?」

など、疑問がある方も多いと思います。

 

 

 

そこで今回、『iClever IC-BK08』購入してみました。

こちらのキーボードには、トラックパッドがついているので、これが購入の決め手でした。少しレビューして見ます。

 

折りたたみ式キーボード

このキーボードは従来の折りたたみキーボードと比べ、タッチパッドが付いており、外出先でもキーボードとマウスを一つにストレスフリーな文字入力できます。

  • 3台までマルチペアリング対応(Windows、Android、iOS 、Mac、各OSに対応)iPhone・iPad以外にもパソコンなどと切り替えながら使用することも可能です。
  • 充電バッテリー内蔵

革新的なデザイン

アルミ合金を素材を使用し、十分な強さを保つ同時に、手触りの良いマットな仕上がりで、金額以上の仕上がりです。

  • スタイリッシュで高級感がありながら、指紋がつきにくく、汚れが目立たない
  • 折りたたむと自動的に電源がオフになり、バッテリーの節約効果がある同時に、電源スイッチを切替る手間もかからない。

快適・ストレスフリーな文字入力

一般的なノートパソコンのキーボードに近い感覚でタイピングできました!

  • タッチパッド搭載
  • キーピッチ16.5mm&アイソレーションで快適なタイピング(普段に使えられたpcキーボードと比べても、見劣りをしないタイピング感)
  • 「Delete」と「Backspace」いずれも搭載した日本人の入力習慣をしっかり考えたキーの配列です。
  • 強めにタイピングしても「たわみ」もほとんどない。裏には滑り止めのゴムがあるので、タイピング時の滑りもない。

ただしUS配列です。記号の位置などがJIS配列のキーボードと異なるため、慣れるまでは気をつけてください。

その他気づいた点

本題の一番気になっていたタッチパッドですが、iPhoneでも普通に動作します!

  • ポインタの移動はパソコンと同じくらいスムーズ
  • 小さなiPhoneの画面だと、表示が細かく、狙ったところにカーソルを移動させるのがやや難しかった。
  • タッチパッドではジェスチャ機能は使えない。

 

重さも206gと軽いです。iPad mini の重量が「300g」なので、あわせて「500g」程度です。この軽装備で、ブラウジングしながら文字入力ができます。ノートを書いたり、ブログを更新するなど、外出先で気軽にできそうです。

 

今回はタッチパッド付きBluetoothキーボードでiPadOSを快適に使えるかどうかを確認した内容をお届けしました。コストパーフォーマンスが高いので、もしよろしければ、iPadのお供にどうでしょうか。