海外旅行でSIMカードが通信料は安い

旅行

海外旅行・出張のとき、携帯やwifiルーターをレンタルされる方は多いと思います。近年、レンタル料金が安くなっているといえども、お高いですよね。私は長期海外出張の経験からSIMカード交換派になりました。
今回は、SIMカードを使う方法について解説します。

まずは、SIMロック解除

海外で現地対応のSIMを使うために、国内でお使いのスマートフォンをSIMカードが使えるようにSIMロック解除を行わなければなりません。各携帯電話キャリアで購入した端末は、そのキャリアのSIMカードしか使えないような状態にしています。これを「SIMロック」と呼んでいます。
このSIMロックがかかっていない状態のことをそして「SIMフリー」といいます。ですので、海外での通話やデータ通信に現地対応のSIMカードを使いたい場合は、SIMフリーの端末を用意するか、SIMロック解除の手続きをすることが必要です。

現地SIMカードを使うメリット

現地対応のSIMカードを使うメリットは

①コストを大きく抑えられる点
支払いはプリペイド方式となるため、高額請求にならない安心感がある

②使い慣れた端末をそのまま使え、特にスマホで撮った写真をそのままSNSにアップできます。

③Wifiルーターが小型になってきているが、バッグ持って移動する以外ではかさばる。

いや面倒だなとおっしゃられる方も、いらっしゃいます。国内キャリアで契約した端末(SIMロックの端末)の場合、データローミングを利用すれば海外でもデータ通信の利用は可能です。

SIMカードのデメリット

準備や設定に手間がかかる

①SIMフリーの端末を手配する必要がある(SIMロック解除の手続き含む)

②国内または現地でSIMカードの購入

③SIMカード設定

1番のネックは、現地での設定が必要な場合、購入や英語での取説を見ながら設定する必要があることでしょう。

SIMカードを利用するための事前準備

もし、トライして見たいという方のために、事前準備を整理しました。

SIMフリーのスマートフォン

国内大手通信キャリア(Au,Docomo,Softbank等)で購入したスマートフォンには、基本的には、SIMロックの状態です。

SIMロックの解除を行うか、SIMフリーのスマートフォンを購入する必要があります。SIMロックの解除は、「購入後100日以上経過している」といった条件を満たしていれば、携帯ショップ窓口に出向くか、オンラインからの手続きとなりますが、自分で携帯会社のWebSiteから行へば、無料なのでおすすめです。

SIMカードを購入する方法は?

SIMカードを、現地で購入するか、日本国内で事前購入することになります。それぞれのメリットや購入方法について整理します。

現地で購入する

空港や街中の携帯ショップ、コンビニなどの店舗でSIMカードを購入することができます。と言っても不安ですよね。

おすすめの購入場所は、
・空港内の携帯ショップ
多少割高ですが、英語が通じることが多いため、店員に相談しやすいというメリットがあります。
また、旅行者向けの短期間プランのSIMカードも、用意されていることが多いです。

注意点
国によっては、SIMを購入する際に身分証明書の提示や連絡先を求められることがあります。購入の際はパスポートを携帯し、ホテルの住所や電話番号は忘れずに。

国内で購入する

経験がない方は、日本の通信キャリアや旅行会社などで海外用SIMカードが販売されていますので、お求めになるのも手です。プランやSIMカードの種類について、知識を身につけて、購入する方が良いです。

SIMカードを選ぶ際の注意点

SIMカードはさまざまな種類があり、期間、通信方法、対象国、SIMのサイズとか、選択のポイントになるところがあります。購入する際の注意点を整理します。

 

 

 

 

 

SIMカードの種類

プリペイド方式のSIMカードには、

・データ通信専用

・データ通信・通話・SMS

に大別できますが、海外での使い方に応じて、SIMカードを選択しましょう。
現地で電話は不要という場合は、データ通信専用のSIMカードが良いと思います。

SIMカードのサイズ

SIMカードのサイズは、次の3つに分けられます。

  • 標準SIM
  • microSIM
  • nanoSIM

    使用するスマートフォンに適応するサイズを選びましょう。サイズが小さい場合は、「SIMカード変換アダプター」を使えば、簡単にサイズアップさせることができます。

    切り取ってサイズを調整できるSIMカードは、ご自分で調整できるので安心です。

SIMカードの対象国

海外向けSIMカードはどこでも適用できませんので注意が必要です。特に、日本でSIMカードを購入する場合は、使える対象国かどうかを必ず確認しましょう。アジア、ヨーロッパなど、周遊する国で使えるタイプのSIMカードを選択しましょう。

4 データ量と有効期限

データ通信プランは、500MB程度のものから無制限のものまで、さまざまなタイプが用意されています。

SIMカードのデータ量や通話時間には有効期限が決められているのが多いので、チェックポイントです。

現地通信キャリアとの相性にも注意

現地の通信キャリアと、3G、4Gといったスマートフォンの通信方法や対応周波数の相性が良くないことがあります。

その場合は、SIMカードを使ってもデータ通信ができない。データ通信はできるが、電話はできない。といったことが発生します。

例えば、iPhone(iPhone 6以降)は、ほとんどの国で問題なく使うことができますが、それでも、100%ではありません。Android系の端末の場合は日本仕様であるために、現地通信キャリアとの相性が悪いものもあるようです。

例えば、Amazonで検討される場合、評価に細かく事例を書いている場合があるので、確認するとか、Web検索で、対応を確認した方が良いと思います。

SIMカードの設定方法

現地の携帯ショップで購入した場合は、そのままスタッフに設定までしてもらうと安心です。

国内で購入した場合は、渡航先に着いたら自分で設定しましょう。

海外用SIMカードに入れ替えた後、まずはデータ通信の初期設定をしましょう。初期設定では、「APN(Access Point Name)」を設定します。これは、スマートフォンに、その国で使用する回線を設定する作業になります。説明書に書いていますが、ご使用のスマートフォンやソフトウエアのバージョンで表示も異なる場合もあり、出発前にじっくりと確認とメモをとっておく必要があります。

上手に活用すれば旅もより楽しくなります

滞在期間やデータ量が多ければ、国内キャリアのデータローミングよりも数万円安く済ませられるケースもあります。手間はかかりますが、費用を抑えることができますし、旅行が楽しくなります。一度経験すれば、次に行く場合は、経験値もあがり、もっと安く済ませれるSIMカードを選択できることもあり、まさに旅の醍醐味です。

 

コメント