理系のための英語力 学習はどうするの?

言語

学生時代の気分に戻って、英語の基礎から、一旦見直すことをやっています。理由は、TOEIC受験であり、最終的には英語のコーチングのできる、英語コーチを目指すことにしたからです。

自称ネイティブともスラスラに英会話ができ、海外旅行もどこでも一人で行けますが、一言に英語といっても、範囲が広いので、目的に応じた、学習方法があります。TOEICスコアと英会話の能力は、完全には比例関係ではありませんが、世の中のニーズとして800点以上求められるので、そこまでは、下記の勉強法で十分だと思います。

ここでは、「効率的な勉強法」を紹介します。定番中の定番です。まず基本からですが、便利な教材も紹介します。

効率的なステップ

下記は、当たり前なのことですが、鉄則を忘れては行けませんので、一つずつ見ていきます。

 

英語を勉強する目的

勉強のモチベーションを上げましょう。どんな目的があるのでしょうか。

海外旅行に不自由がない

まず、話すことができると、海外旅行がグッと刺激的で楽しくなります。現地の人々や他の外国人旅行者ともコミュニケーションをとることに躊躇がなくなりますよね。また、現地でトラブルが起きたときにも安心ですね。

調べ物が楽しい

検索時に英語サイトでも不安がないのも大きなメリットです。日本語では見つからないような内容も、英語サイトでは簡単に見つけられたりします。日本ではまだ馴染みない世界のトレンドをいち早く手に入れることもできます。海外旅行先のさらに詳しい情報が情報を手に入れることもできます。

仕事で役立つ

国際化が進んでおり、日本に訪れる外国人は増えています。外国人と一緒に働く職場やその機会も増えているはずです。仮に、日本が経済破綻したとしても、英語が話せれば最悪海外へと脱出することができます。ちょっとした資格よりも、英語を勉強した方が現実的かもしれません。

世界が広がる

本当に文字通り世界が広がります。行ける場所、楽しめるモノも、働ける場所も、入ってくる情報の量や質も、大きく異なります。

やろうと思った時が、人生で一番良い時。年齢も、現在の能力も関係ありません。今からやりましょう。

STEP.1 基本的な英単語を覚える

それでは、具体的な勉強方法を解説していきます。最初のステップとして、まずは英単語を覚えることから。

1-1. 単語学習から始めます

もしあなたが、自分の実力を証明したい場合、TOEICという試験を受ける機会があるかもしれません。その際にも、単語を知っていることは非常に重要になります。いきなり英会話をはじめると、全く会話ができず、英語を話すのが苦痛に感じられてしまうかと思います。ここでポイントは、忘れてもいい。気にしない、忘れたら、調べる。最近は携帯アプリやネットですぐに、調べられます。

1-2. 単語帳の選び方

人間の記憶は繰り返しやその他の情報とともに、芋づる式に覚える方が覚えやすいです。繰り返し覚えようとするには、英単語帳を一つ作っておくと便利です。

何冊も買わない

1冊の単語帳1冊の熟語帳があればそれで十分です。単語・熟語がセットになっていてもOK、まず1冊準備しましょう。

CD付きを選択

英単語は必ず聴きながら覚える、これが鉄則です。発音が分かるだけでなく、記憶に残りやすくなる、実際に聞いた際に理解できるためにも、必ず音から覚えましょう。そのためCD付が必須です。

おすすめの単語帳


おすすめは「DUO 3.0」で、よくできた単語帳です。560本の一言フレーズが載っており、「英単語」と「英熟語」がぎゅっと詰め込まれています。CDが別売りですが、かならず購入しましょう。

日常会話、ビジネスレベルにも、とりあえず対応できます。

1-3. 単語の覚え方

単語を効率的に覚えるためのポイントです。

聴きながら、発音しながら

必ずCDを流しながら覚えましょう。音声に合わせて一緒に発音しましょう。これは、騙されたと思っても、これはやらないと絶対に実力が伸びません。この時に注意することが、学校で習ったかな英語だけは、思い出してはいけません。忠実にコピーするつもりで発音しましょう。実際に口を動かすことで、記憶にも定着しやすくなります。

書いて覚えるのはダメ

あなたが受験英語から脱却したいなら、ひとまず書いて覚えることは止めましょう。

DUOを使ったおすすめ事例ですが、

  1. 本で1セクションの単語の主な意味を頭に入れる。
  2. CDの音声を流しながら、合わせて目で文を追っていく。
  3. そのCDのスピードについていけるように発音する。
  4. 1つのセクションを3回〜5回リピートする。
  5. 隙間時間を利用して、上記の1〜4を一度でも実行したセクションを聴き流す。

1-4. 全てを覚え切らなくても、次に進む

全ての単語を一気に覚えられません。全体の3〜5割程度の単語の意味が分かるようになったら、次のステップへ。

単語学習の基本がこれで定着していくと思って、繰り返すことに重点を置きましょう。

STEP.2 基本的な英文法を理解する

次のステップは、基本的な英文法を整理しましょう。これも、英単語の勉強と同じで、繰り返すことが重要です。

2-1. 文法を学ぶ意味

文法を理解せず、日本語と同じような感覚で英単語を並べるだけでも、ある程度は自分の考えを伝えることはたしかにできます。しかし、基本的なルールを理解しておくと、頭の中で英文を組み立てるのも楽になります。

2-2. 受験用の教材はNG

大学受験で使うような参考書はやめておきましょう。普通の会話では全く使うことのない表現や、堅苦しすぎる表現が多いからです。

2-3. おすすめの参考書


「1億人の英文法」がおすすめ。理由は、イラストがたくさんあり、イメージで英文法を学ぶことができます。ここが重要です。イメージで理解する。この部分が大切です。すこし、上級にはなりますが、感覚的に覚えるだけでなく、詳しい概念を説明してくれている本「英文法の鬼100則」も、相手に伝わる英語の考え方が理解できます。

STEP.3 英語のフレーズをコピーイングしよう

いざ会話するときに重要になるのが、条件反射です。日本人が英語ができないのは、この訓練ができていません。失敗しても、ます、言葉に出す。アウトプットするという行為がありません。これを克服するとことと学校で学んだ誤った英語教育産物である、かな英語からの脱却です。

英語のフレーズを、忘れても気にしないでいいので、ひたすら真似しましょう。

3-1. フレーズをコピーイングする意味

よく使う短いフレーズを繰り返し口から出るようにできれば、実際に、話したい時に、出てくるようになります。(当面、出てこなくても、気にしない)単語・文法の基礎ができていれば、フレーズの一部の主語や動詞を変えてみれば、応用が広がります。

「基礎を固めたうえでコピーイング」は、英会話力向上に極めて重要になるので、めんどくさがらないで、やって見ましょう。

日本語文が読み上げられたら、英文がパッと出てくるのが理想

1セクションの中で「半分くらい覚えられたかな」という状態になったら、一旦 本から目を離してみましょう。そして、CDの日本語の文を聴いたら、ぱっと英語の文を答える練習をします。

たとえば「こんにちは」と読み上げられたら、「Hello」とすぐに口ずさみます。CDで日本語→英語と流れるので、答え合わせはその都度することができます。これが効果的なトレーニングになるのです。

STEP.4 アウトプット 英語勉強法の中でいちばん大事

思い切って外国人の方と話す機会を作りましょう。これが英語ができるようになるために1番重要です。

ステップ1〜3の学習を定着させるのもこのステップです。

4-1. 実際に話すことで身につくこと

英会話は、単語やフレーズを使って、瞬時に文章を組み立てる練習です。フレーズの単語を少しずつ変えながら、組み合わせながら、脳の中で高速に組み立てていきます。

4-2. 英会話のポイント

次のポイントを意識するようにしましょう。

間違えても気にしない

間違えても気にする必要はありません。反射神経を鍛えるように、まずは口に出して言います。この恥ずかしがる、間違ったどうしようというマイナスイメージから脱却しましょう。

聞き取れないときは素直に聞き返す

はじめは相手の言っていることがほとんど聞き取れないかもしれません。その際は、フリをするのはやめましょう。 分からなければはずかしがらずに、何度でも聞き返しましょう。また、違う言い方をしてくれるかもしれません。

発音力≒リスニング力

英会話では発音も積極的に指摘してもらいましょう。ネイティブに習った方がいいという言い方は微妙です。そもそも、音の帯域やできない人にできるように教えるのには、第二外国語を英語にしている人がいいと思います。最近は日本人でユーチューバーで発音指導している人が目立ってきましたが、それだけニーズがあるということです。正しく発音ができるようになれば、リスニング力も間違いなく向上します。

単語・表現が分からなかった時は、メモ

何て言えば良いのか分からない時は、チャンス、しっかりメモをとりましょう。時々見返すようにすると、より効果的です。

4-3. 話す機会の作り方

こまめに英会話する機会を作ることが重要です。まとめて3時間話すよりも、週に3回、15分ずつ話した方が英会話力は向上します。

語学スクール

時間とお金に余裕があるのであれば、それはいいと思いますが、継続を考えると、最初に英語コーチングを受けるというのが、トータルとしては安くつくと思います。

時間・お金が無ければオンライン英会話

一方、「なるべくお金をかけたくない」、「仕事などで忙しく時間が取りづらい」という時には、オンライン英会話もいいと思います。スマホやパソコンで先生と話す、というものですね。

格安で外国人とマンツーマンで話すことができるうえ、24時間いつでもレッスンを受けることのできるサービスもあります。

おすすめはオンライン英会話の最大手「DMM英会話」です。月数千円の定額で、1日25分間まで毎日レッスンを受けることができます。

これまでのステップを継続すれが、間違いなく英語力・英会話力はレベルアップします。

少しレベルが上がってきたと感じたら、ブラッシュアップしていきましょう。

5-1. 無料のアプリで学ぼう

iPhoneやiPad、Andoridアプリで無料のものがあります。これらでも英語力を磨いていくことができます。

英語ニュースをスマートニュースで

スマートニュースは日本発のニュースキュレーションアプリです。設定を変えることで英語版にすることができます。

英語版にすると、世界中の英語のニュースだけ表示されます。ジャンルもたくさんあります。世界のトレンドを知ることは大切です。簡単に多読するにはスマートニュースは良いツールです。

英語版にするには、アプリ右下の 設定から[各国版]をタップして「アメリカ合衆国」または「インターナショナル」を選ぶだけです。

英語プレゼンが聴けるTED

「TED」は、世界的に有名な著名人・専門家によるプレゼンテーションのイベントです。このアプリでは膨大の数のプレゼン動画が、無料かつ日本字幕付きで公開されています。

テーマが豊富なので、興味のあるテーマについての英語プレゼンを見ましょう。教養を深めつつ、リスニング力と表現力を鍛えることができます。

5-2. 映画・ドラマの活用

映画は楽しみながらシチュエーションを確認しながら、どの場面で、このように言うのかというのが学べます。

英語を学ぶのにおすすめの洋画・ドラマ

日常生活が舞台となっているコメディドラマが一番いいと思います。ジャンルによって、難易度がことなりますので、まずは、活用範囲がひろいコメディがいいと思います

映画も良いです

効率的に学びたければ、同じ映画を何度も繰り返してみるのがオススメです。1回目は字幕付き、2回目以降は字幕無しで見るようにするとより効果的です。

5-3. スマホの言語を英語にしよう

スマホの使用言語を英語に変えるのも、抵抗感を無くすのに効果的です。

FACEBOOKの言語設定も英語に変えてみるのも良いでしょう。例えば「共通の友達はMutual friendsなんだな…」というように、ちょっとした表現も学ぶことができます。

STEP.6 英語の勉強を継続しよう

英語がある程度すらすらと話せるようになれば、積極的に海外の人たちと楽しく会話をしてアウトプットを意識すれば、英語力が伸びていくのです。
Good Luck!

コメント