自己啓発 60歳手前で必要?

自己投資

エンジニアの方であれば、企業にお勤めの方なので、自己啓発については、イメージ持たれてますよね。

企業では、積極的に若い人たちや中堅に向けてセミナーの推奨やコース紹介もされていますよね。だんだん年齢が上がるにつれ、ましてや定年がそこまできた方達には、お呼びがかからず、退職金運用や年金のセミナーを紹介している程度ではないでしょうか?

私は、自己投資として自己啓発セミナーコースを受けようと考えています。60歳手前でなぜ?と言うことについてお話ししたいと思います。

人生80年時代

2020年問題と言われ、バブル・団塊世代の退職から労働人口が不足しますので、60歳を超えても働き口はあるでしょう。

あなたのキャリアを活かせて、継続して働けますか?

ハイ・・・ うーん?

ここでハイと思う方は、この先を読む必要はありません。

エンジニアの出口戦略

私の周りを見渡すと、役員以外は定年後、スタッフ待遇が多く、自分のキャリアを活かせた場所で活躍されている方は多くはありません。安定はしているが、自分の思うような仕事はできないというのがサラリーマンの常である。

このままでは、自分のキャリアを活かせない可能性がある。こう考えると、転職、独立どちらかになる。

さて、自分にそれだけの価値や技術があるか?これを1年前から考え、自らのキャリアアップを真剣に考えるようになった。

産業のトップ分野で活躍されている方以外に、地味なエンジニアは生きる道があるのか?例えば、商社に勤めて、商品、商売、英語、異文化の知識を求められる人が多い。金融、証券会社系は、今なら実力派?であるが資産コンサルタントという出口がある。しかし、エンジニアは間口が狭い。厳しい現実です。

 

 

中高年の転職では、「7・5・3(しちごさん)」と言われています。これは現年収と比べ、良くて7割、普通で5割、悪くて3割という意味です。

自己啓発でキャリアアップできるか?

多くの方のセミナー受講に対する目的

☆人生の理想や目的を見つける

☆目標や理想に役立つものを見つける


潜在意識を書き換える!壁を壊せ!!可能性を極限まで広げろ!!!人生100年時代を見すえ、脳・心・体を同時にアップデートし、理想を超える未来を実現する人生再起動プログラム。

60歳を迎えようとしている世代ですが、セミナー参加を検討中

検討内容をすこしずつシェアしていきたいと思います。

コメント