英語発音Check アプリ編

言語

英語の発音は一朝一夕で身につくものではありませんね。

あまり発音を重視しなくても、大丈夫ですよということであればいいのですが、英会話を勉強するなら、やはりネイティブに通じるような発音にしたいですよね。

そのためには、コツコツやるしかないと思いますね。

いい方法として、最近ようやく気がついたのですが、やはりアプリですね。

英語発音アプリはスキマ時間で学べるため、発音練習はかなりおすすめです。

英語発音アプリを、一つはスマホにダウンロードしておきたいところです。

そこで今回は、「発音の矯正」ができる効果的なスマホアプリをご紹介したいと思います。

参考にしてくださいね。(2020年12月最新版)

アプリは「2つのタイプ」

発音アプリは、大きく2つのタイプに分けられます。

  1. 「母音」と「子音」の英語発音の基礎を学ぶ
  2. 自分の音声を録音し、判定する

一長一短あるので、初心者の方は両方使ってみましょう。

英語の発音はまず基本となる「母音」と「子音」に関して、日本語と英語の違いをわかっていないと、上達しません。

では、基本の「母音」と「子音」だけ練習して、上手になるのでしょうか?

私の見解では、かなり上達すると思いますが、英語発音はややこしいのです。

この辺りは、この記事で、紹介していますが、5パターン(連結[Linking]、同化[Assimilation]、脱落[Reduction]、弱形[Weak Form]、変形[Transformation]があり、単語だけの練習では、無理なのです。

とは言っても、気分の基礎知識と、レベルやできていないところを知るために、下記2つのアプリをおすすめします。

初級者には何をポイントに練習すれば?

まず、英語発音の基礎である「母音」と「子音」が練習できるアプリを先に練習しましょう。

「発音(音)」ではなく、「発音方法(口の形や舌の位置など)」が重要になります。

人間の音声は、声帯が発生した振動を共鳴させたり、息の流れを利用する楽器のような機能によって発音します。ですので、発音方法のイメージが意外と大切です。

このイメージを具体化するのは簡単ではありませんが、目標とするイメージがないと、全く上達しないので、映像つきで説明してくれるものが、とっかかりとしてオススメです。

発音図鑑

 

発音の基礎である母音と子音の発音を、「3Dモデル」を使って解説してくれるアプリになります。

3Dモデルによって「口の中」まで詳細に解説してくれてるので、音の出し方がわかりやすいです。

あと、日本語の発音との違いも解説されていて、意識した方がいいポイントがわかりやすく、かなりおすすめです。

メリット
  • 発音が独自の3Dモデルで解説されている
  • 類似の発音、日本語の発音との比較など、解説が詳しい
デメリット
  • 練習メニューなどはない
  • iphoneのみ対応

 

 

 

 

 

発音図鑑
¥960

Pronuncian

『Pronuncian』は特定の発音を個別に練習することができます。

集中的に練習出来るため苦手な発音を克服するのに最適です。

  • 英語の発音ごとに練習できる
  • 音声認識で発音のチェックが出来る
  • 解説動画リンクがかなりある(英語)
  • 無料で利用可能

音声チェックに時間がかかったり、認識率がややなんかもしれません。

どうしても認識してくれないときは次の単語へ移りましょう。

図解は舌の位置なんかを教えてくれていますが、ほとんどの人が図を示されてもわかんないと思います。

『Pronuncian』の良いところは、YouTubeでの発音に特化した解説動画がリンクされ、非常に理解が深まる補助教材のようなものになりますが、全て英語です。

しかし、かなり、わかりやすく発音の仕方を教えくれる動画なので、全てを理解できなくても、肝心な発音の部分は理解は出来る内容なので心配しなくてもOKです。

Pronuncian

  • 発音練習
  • ビデオ
  • 辞書
  • その他設定

特定の発音を中心に練習するには最適のアプリです。

苦手な発音を集中的にトレーニングすることで克服できます。

また『Pronuncian』を使えば発音の練習のついでにある程度の発音記号を覚えることが可能です。

IPA

映像付きなので、様々の発音をより分かりやすく学ぶことができます。

映像も再生スピードを可変できます。簡単に、発音記号の音を口の動きの映像を見ながら、確認できます。

ただ、発音する人の歯並びとはやや気になりますね。

IPA
  • 発音練習
  • ビデオ

 

発音博士

短いフレーズや中学レベルの基本単語の発音練習用のアプリです。

単語(フレーズ)を選択して、お手本の音声をまねて発音します。

自分の発音は録音されると、すぐさま発音記号化&点数化されます。

自分の発音の録音データが保存されるところが、意外と便利かもしれません。

録音データから、過去の自分の発音と今の発音を聞き比べて、上達しているかどうか確認することができます。

発音判定の精度が他のアプリに比べてやや高いかもしれません。

 

メリット
  • 自分の発音が記録保護できる(3回分)
  • 発音した音を推定して、発音記号表示してくれる
デメリット
  • 単語と短いフレーズの発音練習しかできない
  • 基本100単語以外有料
  • 対応機種:iPhoneのみ

発音博士
基本100単語だけなら無料

英語発音アプリ道場

小学校から高校レベルまでの基本英語の発音練習ができるアプリです。

この発音アプリの魅力は、日常会話表現などの例文を発音練習できます。

そして、文法とか表現単位で発音練習ができるので、発音練習と英会話の上達がこのアプリ1つでできます。

ただ、どう修正したら良いかについてはわかりませんので、単語のみの練習を最初取り組んだ方がいいとは思います。

しかし、とにかく音を真似るという点で、このアプリは例文を真似ることができるので、いいとは思います。

 

メリット
  • 基本文法を使った例文で発音練習ができる
  • 聞いた音を再現する練習としてよい
  • 無料
デメリット
  • 発音の判定:優しい
  • 対応機種:iPhoneのみ

英語発音アプリ道場
無料

発音AtoZ

フレーズ単位で発音練習ができるアプリです。

ネイティブの自然な発音を聞いて真似る練習として、発音した声を波形表示でき、お手本と見比べることにより、少しでも近づいているかどうかを確認できるところが、おすすめです。

メリット

  • 練習できるフレーズと発音がとても自然
デメリット
  • 発音の判定:優しい
  • 対応機種:iPhone・Android

英語発音ドリル AtoZ
無料

今回は英語の発音練習におすすめのアプリをまとめました。

綺麗な発音を身につけることのメリットって、「かっこいい」だけじゃありません。

発音を身につけることで、スピーキングはもちろん、リスニングやリーディングの上達も、劇的に良くなると思います。

続けていれば誰でも上達できますから、やるか、やらないかです。

というわけで、ぜひ寝る前にアプリで発音練習を5分間、コツコツとやってみてはどうでしょうか。

ただし、大前提として発音記号が読める必要がありますね。母音と子音の基本発音を学んでいない方は、まずは最初に紹介した発音図鑑などのアプリで発音の基礎を学んでおいた方が良いと思います。

半年も続けていれば、かなりネイティブに伝わる発音に近づいていると思います。

 

コメント

  1. でめきん より:

    こんにちわ!

    でめきんです。

    英語は日本語にはない発音方法があるので、
    なじみがない分習得が少し難しいと思いますが、
    このようなアプリがあると、助かりますね。

    • Dr.HIDEさん Dr.HIDEさん より:

      こんばんは、有料のものもありますが、アプリは客観的に見ることができるので、有益なアプリです。